とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

グーグルにスパム認定されているか知る方法

ほとんどの場合「スパム認定された」というのは思い込みで、単純に検索順位が下がっただけだったり、狙ったキーワードで上位表示できないことを、スパムサイトとしての判定を受けていると、自己解釈している場合が多くあります。

そうは言っても、検索結果に自分のサイトが現れないのは不安なものですね。

「手がかり」になる「1つ」の方法を紹介します。

1、Googleの検索ボックスにドメイン名を入力して検索します。

wwwがあるドメインとwwwがないドメインの両方です。
例:「www.****.com」と「****.com」

A・・・・入力した自分のドメインのページが検索結果に現れれば、スパム判定されていません。

B・・・・検索結果に、自分のドメインが含まれた他のサイトは表示されるものの、肝心の自分のドメインが表示されていない場合は、スパム判定されている可能性が高いと言えます。

B-1、次に、「site:」コマンドを使い、インデックスされているページを調べます。

例:site:www.****.com、site:****.com

ページもインデックスされていなければ、スパム認定されている可能性はさらに高まります。

B-2、Google Search ConsoleGoogleウェブマスターツール)にサイト登録しているか、あるいは登録できる場合は、ツール内で自分のサイト情報を確認してみましょう。

スパム認定されているサイトには、サイトがGoogleにインデックスされておらず、データがないというメッセージが出ます。

ここまでの条件にすべて当てはまっていれば、Googleにスパム認定されて、インデックスから削除されていると考えて間違いなさそうです。

2、Googleウェブマスター向けガイドラインに照らし合わせて、疑わしいところがないかチェックします。

3、そして、Googleウェブマスターツールからサイトの再審査をリクエストします。

※期限が更新されていないドメインや新しく登録されたばかりのドメインは、Goolgeのインデックスから消滅しやすい傾向にあるというのです。

必ずしもスパム判定されているわけではなく、インデックスが消えてしまっただけで、コンテンツを追加したり、他のサイトからのリンクを集めることで、インデックスに復活します。

それでも復活しないときに、初めてスパム判定を疑いましょう。

検索順位が下がったからと言って、すぐに「スパム認定された、インデックス削除された、どうしたらいいんですか」と騒がずに、落ち着いてそれが本当に事実なのかどうか、確かめたいものです。

 

Google XML Sitemapsでブログに自動で目次を・・・・

Google XML Sitemapsとは簡単にいえば、クローラーというサイトの記事を見て回る
ロボットが見やすいように、目次を作成するプラグインです。訪問者がサイトのどこにどんな記事があるのか、探しやすいように記事をまとめた目次がサイトマップです。

 

Google XML Sitemapsの設定方法

1.まず、ダッシュボードのプラグイン⇒新規追加でGoogle XML Sitemapsを検索してインストールしてください。ダッシュボード設定欄にXML Sitemapsが追加されているのでクリックしてください。

 

2.赤枠の『こちらをクリック』をクリックしてください。

 

2

 

3.するとサイトマップの生成が完了して、下記のような画面が出てきます。

 

3

 

Google XML Sitemapsがインストールが終了したら、次にGoogleウェブマスターツールへサイトを登録します。

ウェブマスターツールもサイトを運営していく上で、必要ですので導入します。

 

Multi Plugin Installer(Wordpress)

プラグインをインストールするのに、数が多いと時間もかかるので、一気にインストールする方法を紹介します。

 

 Multi Plugin Installerをインストール

『ダッシュボード』⇒『プラグイン』⇒『新規追加』で『Multi Plugin Installer』を検索してインストールします。

 

1、Multi Plugin Installerをインストールして有効化するとこのような表示がでてきます。

 

f:id:doragonflykun:20170808232032p:plain

 

2、ダッシュボードのMulti Plugin Installerをクリックすると、下記の画面が出てきます。

 

f:id:doragonflykun:20170808232319p:plain

 

3、赤枠の中に下記プラグインをコピーして貼り付けます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AdSense Manager
Akismet
Auto Post Thumbnail
Broken Link Checker
Contact Form 7
Google XML Sitemaps
jetpack
Image Widget
Master Post Advert
No Self Pings
PS Auto Sitemap
PubSubHubbub
Related Posts
Table of Contents Plus
TinyMCE Advanced
Ultimate Google Analytics
WordPress Ping Optimizer
Wordpress Popular Posts
WP-DBManager
WP-PostViews
WP Multibyte Patch
WP Social Bookmarking Light

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

4、貼り付けたら、『install plugins』を押します。

インストールして有効化もしたい場合は、『install & Activate plugins』をクリックします。

全てインストールが終わったら、Multi Plugin Installerは削除します。

(理由:プラグインは少ない方がサイトも軽くなります。

 

プラグインの設定を紹介します。

 

SEO

Google XML Sitemaps

Googleクローラー用のサイトマップを作る。

PubSubHubbub(有効化のみ)

ページの更新情報を早く伝える。

WordPress Ping Optimizer

記事を更新した時だけPingを送信し、重複送信を避ける。

WP Social Bookmarking Light

twitterFacebook、Lineなど、ソーシャルメディアのボタンを設置する。

 

 サイト運営・管理系

AdSense Manager

記事中にアドセンス広告を貼る。

Auto Post Thumbnail

アイキャッチ画像を自動で設定する。
過去の記事も設定可能。

Broken Link Checker

リンク切れを自動で発見して教えてくれる。

jetpack

SNSに簡単に自動投稿できて、サイトのアクセスも調べられます。様々な事ができる万能プラグインです。

Image Widget

画像にリンクを簡単に入れられて、サイドバーにも設置しやすい。要するに簡単にバナーを作れる。

No Self Pings(有効化のみ)

セルフピンバックを防いでくれる。ピンバックとはサイトにリンクを貼ると自動的に通知してくれる機能です。内部リンクを貼った際にも通知が来るので、それが面倒に感じるなら導入した方がいいです。

Master Post Advert

全記事のmoreタグの下に自動でアドセンス広告を表示できます。

TinyMCE Advanced

記事投稿するときのビジュアルエディタを使いやすくします。
色々とカスタマイズもできるので、記事作成時間の短縮にもなります。

Ultimate Google Analytics

Google Analyticsと自分のサイトを連動させます。
連動させることでアクセス解析もできるので、日々、解析をしてサイトの質を向上させます。

WP Multibyte Patch(有効化のみ)

WordPressを日本語対応にしてくれる。

 

ユーザビリティ

Contact Form 7

お問い合わせフォームを作成する。

PS Auto Sitemap

ユーザーが目的の記事を見つけやすいように、サイトマップ(目次)を作ります。サイトマップの種類も色々と選べます。

Related Posts

関連記事を表示させる。

WordPress Popular Posts

人気記事ランキングを作れる。

WP-PostViews

記事投稿一覧に記事の閲覧数が表示される。(アクセス数を把握できます)

 

セキュリティ系

Akismet

スパムコメント対策。

WP-DBManager

バックアップを取る。

 

プラグインを大量にインストールすると、サイトの表示速度が遅くなるので入れすぎには注意してください。

 

「成果の上がるサイト」について

サイトを分析してみると、ご存知とは思いますが、下記の3パターンに分けられます。

1)レビューサイト

2)比較サイト

3)情報サイト

 

1)レビューサイトは、 商品を使った体験談を掲載するサイト(ブログ)です。

実際に見て使ってみた 感想というのは非常に有益なコンテンツになります。

  

2)比較サイト は、商品の価格や品質などを比較するサイトです。

複数社の商品やサービス を比較することで、お客の購入の手助けができます。

 

3)情報サイト 独自の切り口で情報を集約したり深堀りしたりするマニアサイトです。

例えば、全国の温泉だ けを集めたサイトなどは温泉好きに喜ばれます。

 

検索エンジンで上位表示をするためには・・・・

例えば、お客が「レンタルサーバーを借りたい」と思ったとき・・・・。

多くの方がヤフーやグーグルで「レンタルサーバー」と検索し、上位表示されているサイトで情報を収集してからレンタルサーバーの申し込みをします。

このときサイトが上位に表示されていれば、多くのお客が、 サイトを見てくれるため成果につながりやすくなります。

検索エンジンは、上位に表示するサイトを「内部要因」と「外部要因」の二つ によって判断しています。

ここで、「内部要因」と「外部要因」について紹介します。

 
内部要因とは?

内部要因とはサイトの中身です。

サイトの文章中に「レンタルサーバー」とい う言葉が多く入っていれば、検索エンジンは「このサイトはレンタルサーバー に関係が深い」と判断します。

 
外部要因とは?

外部要因とは外部からのリンクです。

様々なサイトからあなたのサイトに「レ ンタルサーバー」という文言でリンクが貼られているとき、検索エンジンは「こ のサイトはレンタルサーバーに関係が深い」と判断し上位に表示すると云われてます。

※外部サイトからあなたのサイトに貼られているリンクを「被リンク」と呼びます。

このように、検索エンジンは「内部要因」と「外部要因」によって上位表示す るサイトを決定しています。

 

成果を上げるための 3 ステップ

レンタルサーバー 格安」というキーワードで訪問したお客様に、格安レンタ
ルサーバーを紹介すれば、成果は上がります。

この「当たり前」の流れの中にこそ、アフィリエイトをする上での重要なポイントが含まれています。それは「訪問した人の要求にきちんと答える」ということなのです。

アフィリエイトは、狙うべき場所やポイント、ページの工夫が必要になります。

 

実践編では下記の 3 ステップでこのこと。

①広告とキーワードの組み合わせを決める(最重要)

②サイト/ブログを作る

③被リンクを集める

 

①広告とキーワードの組み合わせを決める(最重要)

「広告とキーワードの組み合わせを決める」ことはとても重要です。

ここで成果の 8 割が決まると云われてます。具体的な方法を紹介します。

 
プロモーション(広告)を選ぶ

ASPサイトにログインしてプロモーション一覧を開きます。

成果の上がりそうなプロモーションをピックアップします。

 

 

おすすめのプロモーション

・テレビ CM などで認知度のあるもの

・認知度が低くても業界最安値など特徴のあるもの

・無料で登録できるもの(資料請求・無料カード登録など)

 
キーワードを考える

上位表示を狙うキーワードを考えていきます。

ここでのポイントは「ライバル が少ないキーワードを探す」ことです。検索エンジンでは上位 10 位以内に入ら ないと効果がありません。(検索ページの1ページ目)

 自分がパッと思い付くキーワードは、他に もパッと思い付く人がいるためにライバルが多い可能性が高いです。従って「ラ イバルが少ないキーワード」かつ「申し込み一歩手前のキーワード」が狙い目 のキーワードとなります。

 

 

狙い目のキーワードを選ぶ方法は大きく分けて2つあります。

A)「レンタルサーバー 格安」などの複合キーワードでの上位表示を狙う。

B)他人があまり狙っていないキーワードを探し出す。

 

(A)「レンタルサーバー 格安」などの複合キーワードでの上位表示 を狙うためには、Yahoo!Google の関連ワードを狙うことがおすすめです。

 ※ためしに Yahoo!で「レンタルサーバー」と検索して下さい。

「無料レンタルサーバー」などの関連キーワードが表示されています。ここに 表示されるのが、多く検索されているキーワードです。こちらで狙うのも・・・・。

 

(B)他人があまり狙っていないキーワードを探し出す場合は、広告を するサイトを実際に見てみることがおすすめです。

サイトを見ながら、申し込む人がどんなキーワードで検索するかを考えます。

 例えば「ワードプレス」というシステムに対応しているので「ワ ードプレス対応レンタルサーバー」などのキーワードを狙ってみるのも・・・・。

 

※繰り返しになりますが、お客の要求をよく考えることがとても大切です。

「ワ ードプレス対応レンタルサーバー」というキーワードで検索する人は多くない かもしれませんが、具体的な条件を指定して・・・・。

逆に、「無料レンタルサーバー」と検索している人は無料のサーバーを探してい るので、有料のレンタルサーバーを紹介しても・・・・。

 

 

キーワード選びのポイント

・販売であれば、通販・販売・送料無料などの複合キーワードもおすすめです。

(※もしも管理画面の「らくらくキーワード」でキーワードを簡単に探せます)

・サイト以外にも生活の中でキーワードを探すことができます。

テレビや雑誌、 電車の中吊り広告などはみんなが興味を持つキーワードの宝庫です。

 

②サイト/ブログを作る

次に選んだ広告を貼るサイトまたはブログを作っていきます。

さて、作成するサイトにはどんな内容を載せればよいのでしょうか。ここでも やはり、重要なのはキーワード検索する人の要求にこたえることになります。

つまり、「キーワードを検索する人が知りたがっていること」です。

ワードプレス対応レンタルサーバー」と検索する人が対象にしています。

IT の 知識が高く、具体的な条件付きでレンタルサーバーを申込もうとしている人が ターゲットであると考えられます。

すすめるサーバーがワードプレスとの連携が簡単であることや、料金面で も月額 105 円~という格安料金であり、さらに 10 日間お試し期間がある、など のメリットを伝えるようにします。

 

サイト作りのポイントを4つ。

 1)タイトルが最重要。

ディスクリプションも重要。 検索エンジンの検索結果にはタイトル(赤枠中の青文字部分)とディスクリプ ション(赤枠中の黒文字部分)が表示されます。

タイトルには「狙っているキーワード」と「お客様をひきつける言葉」を入れ ることを心がけます。

今回の例であるワードプレス対応レンタルサーバで すと「初心者向け」「40 代向け」といった言葉を入れて対象を絞り込んだり、「お ためし」「体験談」など興味をひく言葉を入れるのもおすすめです。

次に、ディスクリプションにはどんなサイトなのかを簡潔に書いていきます。 95 文字~100 文字に収めると検索結果に表示されやすくなります。

 
2)サイトに載せるのは文章よりも画像

サイトの文章はなかなか読んでもらえません。商品写真やサイトのキャプチャ 画像を入れて読者を引きつける構成にします。

 

3)体験談は最良のコンテンツ

体験談はお客様にとって何よりも有益な情報となります。自分でも使ってみて、 良かった点や悪かった点、商品写真などのコンテンツを載せます。

 
4)内部要因で抑えておく点

内部要因(ページ内要素)で抑えておくべきことは下記の3つです。

SEO は外部要因でカバーできるので、あまり意識しすぎなくて大丈夫です。

・タイトルにキーワードを入れる。

・<h1>にキーワードを入れる。

・文章中にキーワードを多く入れることを少し意識する。

 

 ③被リンクを集める

最後のステップでは、SEO の外部要因(被リンク)を強化していきます。

 
内部リンクを貼る

複数のページを持っている場合は各ページからそれぞれのページにリンクを貼 っていきます。サイト数が多ければこれだけで被リンクが多くなり、上位表示 がされやすくなります。

 
ブログを作成する

ブログは被リンク獲得に非常に有効な手段です。ブログを書いて記事中からリ ンクを貼りましょう。慣れてきたら複数のブログを書いて相互にリンクすると より効果が上がります。

 
相互リンクを貼る

他人が運営しているサイトと相互リンクを貼ることもおすすめです。相互リン ク募集サイトが集まっている「相互リンク・探索マン」などを使うとスムーズ に相互リンクができます。

 

◇相互リンク・探索マン

www.sougoseo.com

 

他人のサイトを研究しましょう

色々なキーワードで検索して上位のサイトを研究してみましょう。上位になっ ている理由や、コンテンツの作り方が非常に参考になります。

 

 

 

Advanced Ads 広告を挿入する

広告を挿入(Post Content Injection)

コンテンツを投稿する「placement」を使用すると、記事やページのコンテンツに段落やその他の要素に基づいて自動的に広告を挿入できます。

続きを読む

Analyticsアカウントの作成

Google Analyticsを利用する最初の手順はAnalyticsに登録して最初のAnalyticsアカウントを作成することです。

最初のAnalyticsアカウント及びアカウントに追加する最初のプロパティを作成します。

利用にはGoogleアカウントが必要となりますのでGoogleアカウントが無い場合は「Googleアカウントの登録と利用」で登録します。

続きを読む

Google Analyticsトラッキングコードによる所有権の確認

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認の方法として「Google Analyticsラッキングコードによる所有権の確認」について解説します。

この方法は対象のサイトに対して同じGoogleアカウントを使ってGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置している場合に便利な方法です。

続きを読む