とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

ブログでの引用のきまりと考え方 


こんにちわ とんぼ です。

今日は、地区の旅行日です。日帰りなんですが・・・・。

先日の3ヶ月、毎日ブログ更新の記事で、コピペの話。

下記のコメントをいただきましたので・・・・。

「コピペでブログを作ると検索経由のアクセスは今後望めなくなります^^;コピーコンテンツとしてペナルティーが科せられるので機械的に今後の努力は泡になるでしょう

また引用タグを使わないと著作権でかなりまずい事になるので引用元のリンクと引用タグ使用が望ましいですよ」とコメント頂きましたので報告します。

 

記事には 「引用元のリンク」と「引用タグ」を使用するのが、ルールと言うことです。

kumacrow.blog111

引用とは何か

引用とは、著作物の一部を使用することで、著作者に許可を取らずに行える行為です。
著作権法第32条に規定されています。

最高裁判所昭和55年3月28日判決によると「引用とは、紹介、参照、論評その他の目的で著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録すること」である。

引用として認められるための条件として以下の5項目が挙げられています

1. 文章の中で著作物を引用する必然性があること。
2. 質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係にあること。引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
3. 本文と引用部分が明らかに区別できること。例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』
4. 引用元が公表された著作物であること。
5. 出所を明示すること。

転載とは何か 

 転載と引用の違いを簡単に言えば、上記の「引用」と認められないもの、つまり引用の範囲を超えたものは転載となり、著作権利者の許可なしで行えば著作権法違反となります。

上記のようになっているようです。詳しくはサイトで調べてみてください。

 

自分のブログ(記事)にて、他のブログや書籍などで書かれている文章を使いたいこともあるのではないでしょうか?

例えば、このような場合です。

  • 他の人が書いた文章に対して、自分なりの意見を述べたい場合。
  • お偉い先生の文章を使って、文書により説得力をもたせたい場合。
  • すてきな文章を「みんなにも読んでほしい!」というような場合。

このような場合は、「引用(いんよう)」という作法にのっとった書き方が必要に。

 画像の引用について、直接リンクで引用元URLの記載を付けても著作権違反となるでしょうか?(やふー知恵袋より)

ア 既に公表されている著作物であること

イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

  • 公表されてなければ、直リンクできない。
  • オリジナル画像使ったほうが無難ですね。
  • ルール守れば引用可能なはずってことですね。

もう少し詳しく書きたいのですが、私もあまり理解できてません。m(_ _)m