とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

売れる記事の書き方


スポンサーリンク

アフィリエイトで売上をあげるには、記事を書いて検索エンジンGoogle,Yahoo! JAPAN等)からターゲットとなる読者を集客するのが基本です。

記事を闇雲に書くだけでは人は集まりません。記事を書く際は、しっかり客層に狙いを定て、SEOに強い記事に仕上げる必要があります。そうしないと十分に集客することはできません。

 

アフィリエイトの記事を書くうえでの心構え

 https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTMGAzmGn3UewsUEBQmtbaUcBaKQmNjShpAPIEvyQjEipq4kEXf

 

売れる記事を書くうえで、大切なことが3つあります。

  1. ターゲットを明確にして書くこと
  2. SEOに強い記事に仕上げること
  3. ユーザーに寄り添った記事を書くこと

これらの3つが記事を書く大切な要素です。どういうことか・・・・?

ターゲットを明確にして書くこと

記事を書くうえで、最初に大切になるのがターゲット設定です。基本的に、ターゲットを明確に絞って記事を書いた方が、売れやすい記事に仕上がります。

ターゲットを絞っておくことで、狙った人に必ず読んでもらえるような記事・サイトに仕上げていきます。 ターゲットを絞ると損をするのでは・・・・と感じる人もいますが、ターゲットを絞った方が強豪と争う必要もなく、濃い読者を捕まえ易く、成約し易いメリットがあります。

逆に、広いターゲットに対して記事を書くと、たくさんの人を集客できるポテンシャルが生まれるのですが、大きなキーワードほど強豪が多いです。そのため、収益に結びつきづらいです。まずはターゲットを絞って記事を書いていくことです。

SEOに強い記事に仕上げること

記事は闇雲に書けばいいというわけでもありません。 アフィリエイトで稼げる記事に仕上げるには、検索エンジンGoogle,Yahoo! JAPAN等)で上位表示できるようにする必要があります。そのためには、SEO対策(検索結果に上位表示をするための施策)を意識して記事を作ります。

  1. キーワード:検索と合致しているか・・・・?
  2. 専門性:テーマが統一されているか・・・・?
  3. 網羅性:情報が網羅的で離脱する必要がないか・・・・?
  4. 権威性:客観的な評価を得られているか・・・・?
  5. ユーザー体験:読者を満足させるコンテンツか・・・・?

以上が、SEOでは重視されています。 この5つの中でも、1、キーワードと5、ユーザー体験は特に重要な要素です。この2つを意識してSEOに強い記事に仕上げます。

ユーザーに寄り添った記事を書くこと

アフィリエイトSEOに強く商品の売れやすい記事に仕上げるには、読者に寄り添った記事に仕上げるのが一番です。

  1. 読者の悩みを解決できているか・・・・?
  2. 読者にとって文章はわかりやすいか・・・・?
  3. 必要な情報は網羅されているか・・・・?

このような要素が満たされているかをチェックします。本当に読者のためになる記事に仕上がっているか、しっかり吟味しながら作ります。 ユーザーの役に立っていれば、直帰率が下がり、滞在時間も増えます。ユーザー体験の優れた記事としてSEOでも上位表示されやすくなります。

SEOに強い記事を書く方法

 

SEOに強い記事を書く といってもその方法はシンプルで、キーワードを意識しつつ、読者が理解しやすいコンテンツに仕上げるだけです。

タイトル・見出しにキーワードを含ませる

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQaEkAZ_oObwy_l7Nf72ZKTmC2ejR3HmRN_s8RhiH9AJAcMD95H

 

記事のタイトル・見出しにキーワードを含ませるのはSEOの鉄則です。Googleが記事の内容を判断するうえで特に重視しているのが、「title」「h1」「h2」といった要素です。 Googleは機械なので記事を読むことはできません。そのため、タイトルや見出しにどういったキーワードが含まれているのかを判断して、ユーザーの求めているものと最も近い記事を検索結果に返しています。

例えば「アフィリエイト」というキーワードで記事を上位表示させたいなら、タイトル・見出しの両方にアフィリエイトのキーワードを含めます。 また、キーワードを入れる場所はタイトル・見出しの先頭部分をおすすめします。読者がキーワードを見つけ易く、検索結果でクリックされやすいタイトルになります。

誰にでも分かりやすい文章に

文章は誰にでもわかりやすい平易なものにします。 読みやすくてわかりやすい文章の方が、読者に離脱されるようなこと(SEOでのマイナス評価)が少なく、商品の購入にもつながりやすいからです。

  1. 指示語を使わない
  2. 専門用語を多用しない
  3. 結論から話す

第一に、指示語はできるだけ使わない。「あれ」「それ」「これ」といった言葉です。記事は読み飛ばす人もいます。指示語を多様すると、読者が内容を理解できません。指示語は別の言葉に置き換えます。

また、専門用語の多用も避けたいです。、難しそうな言葉が多いと、読みたくなくなる人もいます。離脱されるリスクが高まってしまいます。どうしても専門用語を用いる場合は、解説や注釈を入れて・・・・。

結論から話すことも大切です。なぜなら結論が見えない記事は読者に回りくどい印象を与えます。結論からズバッと書く方が、読者の理解も深まります。

記事構造を意識する

記事の構造もしっかり意識して作ります。オープニング(冒頭)・メイン(本文)・クロージング(まとめ)の3つに分けます。これをしっかり意識して記事を書くのも大事なポイントのひとつです。

オープニングは、記事の一番最初の導入部分です。ここでは、読者の悩みに共感したうえで、記事内に解決策があることを示します。記事の中に何が書かれているのか、読む価値がある記事なのかを読者に示すことができます。

メインは、文字通り記事の中核部分です。ここでは、悩みに対する解決策や、提案する商品の詳細などを示します。商品を紹介する場合にはメリットだけを羅列するのではなく、デメリットもしっかり書くのがポイントです。本当に買って損しないのか、読者は非常に気にします。デメリットまで言及されている記事の方が売れやすくなる傾向にあります。

最後に、クロージングは記事のまとめにあたる部分です。記事の内容を総括して、読者がこれからどう行動すればを示します。アフィリエイトの場合、最後に読者の背中をそっと押す一言を・・・・。商品の購入に繋げます。

構造を意識して記事を書くことで、筋の通った記事になります。読者にとってもわかりやすく、上位表示や商品購入に繋がる記事に仕上がります。

記事に装飾をしっかり添えること

記事の装飾も気を抜かずしっかりと。できるだけ読みやすい記事に仕上げるためにも、記事装飾を取り入れる努力をします。

  1. 文字の強調する
  2. 文字に下線を引く
  3. 写真を挿入する
  4. リストや表で整理する
  5. 会話を導入する

装飾を取り入れると、何を伝えたいのか分かり易くなります。情報をデザインしていないと読者に受け入れて貰いにくいです。文字の羅列だけでは、文章を読み進めてくれません。

少し手間がかかるのでサボりがちですが、絶対に取り組みたいです。

 

f:id:doragonflykun:20170620232347p:plain

まとめ

アフィリエイトの記事の書き方は、ポイントを意識しながら書くと、SEOに強くて読者にも好まれる記事に仕上ります。

記事は書けば書くほど良いものになります。10記事、100記事と書いていくうちライティング力が少しずつ上達します。 これから始める方も、最初から良い記事を書くのは難しいかもしれませんが、数をこなしていくと、記事を書く力は洗練されます。