とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

Analyticsアカウントの作成


Google Analyticsを利用する最初の手順はAnalyticsに登録して最初のAnalyticsアカウントを作成することです。

最初のAnalyticsアカウント及びアカウントに追加する最初のプロパティを作成します。

利用にはGoogleアカウントが必要となりますのでGoogleアカウントが無い場合は「Googleアカウントの登録と利用」で登録します。

 

1、下記のURLへアクセスします。

p1-1

 

画面右上の「アカウントを作成」ボタンをクリックします。(Googleアカウントのログイン画面が表示されます。)

 

p1-2

 

Google Analyticsで使用するGoogle アカウントのメールアドレスを入力し「次へ」をクリックします。

次の画面でパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

 

p1-3

 

Analyticsを初めて利用する場合は次のような画面が表示されます。画面右側の「お申し込み」ボタンをクリックします。

 

p1-5

 

新しく作成するアカウント、そしてアカウントに最初に作成するプロパティに関する情報を入力します。

 

p1-6

 

アカウントに関する項目はアカウント名だけです。

「アカウント名」を任意の名前で入力します。仮に「プライベートサイト」としました。

 

p1-7

次にプロパティに関する項目です。

プロパティはアクセス解析するサイト毎に1つ作成します。

最初にアカウントを作成する時にプロパティも1つ作成します。複数のサイトを解析する場合には後からプロパティを追加していきます。

プロパティでは「ウェブサイト名」「ウェブサイトの URL」「業種」「レポートのタイムゾーン」について設定します。

ウェブサイト名は任意の名前を付けることができ、ここで指定した名前がプロパティ名となります。

p1-8

次に「データ共有設定」の設定です。

Analyticsを使って収集したアクセス解析のデータをGoogle側と共有するかどうかについて指定して下さい。

取りあえずはデフォルトのまま全てにチェックが入っています。設定が終わりましたら画面下部の「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックして下さい。

 

p1-9

 

Google アナリティクス サービス利用規約」が表示されます。

(他の言語で表示されている場合は画面左上のドロップダウンリストから「日本」を選択すると、日本語のサービス利用規約が表示されます)。

よく読んで同意できる場合には「同意する」ボタンをクリックします。

 

p1-10

 

Analyticsアカウントの作成と、最初のプロパティの作成が完了しました。

 

p1-11

 

現在画面に表示されているのは作成したプロパティに関する情報です。トラッキングコードなどが表示されています。

画面左側のプロパティ名が表示されている左側にある矢印アイコンをクリックします。

 

p1-12

 

次のような三階層の画面が表示されます。

Analyticsではこのように三つの階層で管理されており「アカウント」「プロパティ」「ビュー」というものが使われます。

 

p1-13

 

以上でAnalyticsアカウントと最初のプロパティの作成は完了です。