とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

グーグルにスパム認定されているか知る方法


ほとんどの場合「スパム認定された」というのは思い込みで、単純に検索順位が下がっただけだったり、狙ったキーワードで上位表示できないことを、スパムサイトとしての判定を受けていると、自己解釈している場合が多くあります。

そうは言っても、検索結果に自分のサイトが現れないのは不安なものですね。

「手がかり」になる「1つ」の方法を紹介します。

1、Googleの検索ボックスにドメイン名を入力して検索します。

wwwがあるドメインとwwwがないドメインの両方です。
例:「www.****.com」と「****.com」

A・・・・入力した自分のドメインのページが検索結果に現れれば、スパム判定されていません。

B・・・・検索結果に、自分のドメインが含まれた他のサイトは表示されるものの、肝心の自分のドメインが表示されていない場合は、スパム判定されている可能性が高いと言えます。

B-1、次に、「site:」コマンドを使い、インデックスされているページを調べます。

例:site:www.****.com、site:****.com

ページもインデックスされていなければ、スパム認定されている可能性はさらに高まります。

B-2、Google Search ConsoleGoogleウェブマスターツール)にサイト登録しているか、あるいは登録できる場合は、ツール内で自分のサイト情報を確認してみましょう。

スパム認定されているサイトには、サイトがGoogleにインデックスされておらず、データがないというメッセージが出ます。

ここまでの条件にすべて当てはまっていれば、Googleにスパム認定されて、インデックスから削除されていると考えて間違いなさそうです。

2、Googleウェブマスター向けガイドラインに照らし合わせて、疑わしいところがないかチェックします。

3、そして、Googleウェブマスターツールからサイトの再審査をリクエストします。

※期限が更新されていないドメインや新しく登録されたばかりのドメインは、Goolgeのインデックスから消滅しやすい傾向にあるというのです。

必ずしもスパム判定されているわけではなく、インデックスが消えてしまっただけで、コンテンツを追加したり、他のサイトからのリンクを集めることで、インデックスに復活します。

それでも復活しないときに、初めてスパム判定を疑いましょう。

検索順位が下がったからと言って、すぐに「スパム認定された、インデックス削除された、どうしたらいいんですか」と騒がずに、落ち着いてそれが本当に事実なのかどうか、確かめたいものです。