とんぼの徒然日記

日々の思った事を気ままに、画像も付けたり、(笑)

Advanced Ads 広告を挿入する

広告を挿入(Post Content Injection)

コンテンツを投稿する「placement」を使用すると、記事やページのコンテンツに段落やその他の要素に基づいて自動的に広告を挿入できます。

広告をコンテンツに挿入する

既存の広告または広告グループを投稿のコンテンツに挿入するには、少なくとも1つの投稿コンテンツ配置を作成する必要があります。Advanced Ads> placementに移動し、次の画像で表されるタイプの新しい配置を作成します。

配置に表示される配置は、次のイメージの配置と似ています。

 

f:id:doragonflykun:20170714120721p:plain

この例では、配置は、各投稿の第2段落の後に中矩形広告を挿入します。

コンテンツの配置オプション

これらはコンテンツ配置に伴うオプションです。

名(Name)

名前はプレースメントの作成中に作成されますが、名前を識別するのに役立つ以外の意味はありません。

項目(Item)

投稿コンテンツプレースメントのアイテムは、コンテンツに挿入する広告または広告グループです。

前後(Before or after)

特定の要素の前または後に広告グループを挿入するかどうかを選択できます。これはサイトの内容とコンテンツ内の要素によって異なりますが、作成するポストコンテンツプレースメントごとに異なるものを選択できます。

インデックス(Index)

インデックスはコンテンツ内の要素の番号です。 3番目の段落の後に広告を挿入する場合は、afterと3rdを選択します。

素子(Element)

要素は、広告が挿入される前後のコンテンツのhtmlタグです。投稿には常に段落がありますが、見出しやその他の要素もあります。

ほとんどの要素はトップレベルにしかカウントされないことに注意することが重要です。たとえば、別のボックスの段落や表の見出しは、広告の挿入には考慮されません。

下から数える(Count from bottom)

下からインデックスを数えることもできます。たとえば、最後の段落の前に広告を挿入することができます。

 

一般設定(General Settings)

注入された要素の順序を変更する

デフォルトでは、Advanced Adsは投稿内容に広告をできるだけ遅く挿入しようとします。優先度を変更するには、Advanced Ads > Settings > Generalで次のオプションを使用します。

content injection priority option

ヒント:ほとんどの注入には1〜20の優先順位があります。正しい値を見つけようとする場合は、10または20で始まります。

無制限の広告配信

いくつかのプラグインとテーマは、広告注入が発生してはならない場所で広告注入を引き起こします。 したがって、アドバンスト広告では、単数ではないページやループ外に挿入されたプレースメントは無視されます。 しかし、これはいくつかのテーマで問題を引き起こす可能性があります。 自己責任で無制限に広告を掲載できるようにするには、このオプションを-1に設定し、無効にする場合は0に設定し、アーカイブページの最初のx投稿にのみ注入を許可する場合は正数を選択します。

この設定は、Advanced Ads>Settings> Generalで確認できます。

Unlimited ad injection setting

 
the_content()を使用しない広告配信

テーマがthe_content関数ではなくget_the_content()または同様のアプローチを使用できる場合は、テーマに次のような行を使用して手動で広告インジェクションを適用できます。

 

echo Advanced_Ads::get_instance()->inject_content( get_the_content() );

<p>タグのない注入

テーマが<p>タグを使用して段落を区切るのではなく、例えば<br/>の場合は、テーマのfunctions.phpに次のコードを挿入して、そのオプションをコンテンツインジェクションプレースメントに追加することができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

// this adds a <br/> option to the content injection placement
add_filter( 'advanced-ads-tags-for-injection', 'advads_content_injection_br' );
function advads_content_injection_br( $tags ){
$tags['br'] = sprintf( __( 'break (%s)', 'advanced-ads' ), '<br>' );
return $tags;
}

// this allows to inject ads between self closing HTML tags
add_filter( 'advanced-ads-placement-content-injection-options', 'advads_content_injection_br_options', 10, 2 );
function advads_content_injection_br_options( $options, $tag ){
if( 'br' === $tag ){
$options['allowEmpty'] = true;
}
return $options;
}

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デバッグ(Debugging)

コンテンツインジェクションはさまざまな理由で中断する可能性があります。 主に、不正な形式の広告コードや、壊れたタグのために段落を数えることができないためです。 WP_DEBUGがwp-config.phpで有効になっている場合、そのような問題はエラーログに取り込まれるか、広告の下に表示されます。

 

Analyticsアカウントの作成

Google Analyticsを利用する最初の手順はAnalyticsに登録して最初のAnalyticsアカウントを作成することです。

最初のAnalyticsアカウント及びアカウントに追加する最初のプロパティを作成します。

利用にはGoogleアカウントが必要となりますのでGoogleアカウントが無い場合は「Googleアカウントの登録と利用」でとうろくします。

続きを読む

Google Analyticsトラッキングコードによる所有権の確認

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認の方法として「Google Analyticsラッキングコードによる所有権の確認」について解説します。

この方法は対象のサイトに対して同じGoogleアカウントを使ってGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置している場合に便利な方法です。

続きを読む

楽天モーションウィジェット

「おすすめ商品を優先的に表示」機能を使うと、あなたのブログに訪れたユーザにあわせて最適な商品を表示します。

STEP1 まずは以下リンクを作成するボタンをクリックする

 

続きを読む

楽天アフィリエイトを利用する

ブログがない人は、まずは楽天ブログを・・・・

1、楽天ブログの新規開設

新規会員登録こち

2、アフィリエイトを利用するにはサイトの登録が必要です。

サイトの登録こち

続きを読む

商材選びと広告主探しの手掛かり

アフィリエイトサイトを運営する際、「どんな商材を扱えば売れるのかな」「どの広告主を載せればいいんだろう」と悩むことはありませんか・・・・? 

続きを読む

Googleアナリティクスを導入したい

➀ Analyticsでは対象となるサイト毎にプロパティを作成します。通常は同じサイトに含まれる全ページに同じトラッキングコードを記述することになります。

② GoogleアナリティクスのトラッキングコードとGoogleアナリティクスIDを確認します。

③ プロパティ毎に用意されたトラッキングコードを確認します。

続きを読む